本文へスキップ

国際薬膳食育師の資格を取る

薬膳にまつわるQ&A/国際薬膳食育師

国際薬膳食育師

国際薬膳食育師の資格を取るHEADLINE

薬膳にまつわるQ&A

■薬膳って苦そう?!

いいえ、おいしいのです。
さらに「和漢膳」は理事長板倉啓子が私たち日本人の味覚に合うように工夫していますので、食べやすくおいしく召し上がっていただけます。


■薬膳にはさまざまな「制限」はないのですか?

副作用があるものが薬、ないものが食べ物というとてもおおらからな料理です。
素材は根・茎・葉・花・実を食べる全体食。
空を飛ぶものは飛行機以外、海は船以外、地上の四つ足は机以外すべてを食材にするという面白くっておいしい料理です。
食は楽しみ!制限があるとストレスになりますね。


■薬膳は特殊なお料理ですか?

そんなことはありません。
ただ、漢方の知恵を活かし、体が健やかに保てるようにその人の体質に合わせて作る料理ですので、そこが難しく思われるかもしれませんね。
だからこそ奥深く、自分の身体に合った食材を食べていると、体が喜ぶのが体感できますよ。
まずはトッピング感覚で薬膳食材を使ってみてください。


■薬膳は子どもにも食べられますか?

もちろんです。
お子さまにはクコの実やマルチビタミンの蜂花粉などおすすめの食材がたくさんあります。
強精作用のある食材を子供に毎日は問題がありますが、当学会でお教えいたしますレシピの分量は和漢診療医と一緒に考えてありますので、まったく問題ありません。


■体質が違うのに同じ食事でいいのでしょうか?

はい。 食事は家族みんなで囲むもの。
冷え症タイプはカラダを温める食材を多めに食べればよいのです。


■効果はすぐに現れますか?

食べて即効果を感じられるのは、冬虫夏草や高麗人参などで、やはり人気の食材です。
目安は古い血液が新しい血液と入れ替わるのに3ヶ月はかかりますので、それくらいは続けてお食べください。