本文へスキップ

国際薬膳食育師の資格を取る

薬膳は旬のパワーを活かして食べる料理/国際薬膳食育師

国際薬膳食育師

国際薬膳食育師の資格を取るHEADLINE

薬膳は旬のパワーを活かして食べる料理

四季折々、季節の食べ物と体調はとても関係が深く、旬の食べ物を栄養価の高い薬膳食品と組み合わせて食べることで

体調を整え 病気にかからない体作りをめざします。

衣服の衣替えのように体も衣替えしましょう。

■春 フキノトウ、タラの芽、セロリなどの苦味の食品を食べることで、冬の間こわばった筋肉をほぐし、体を目覚めさせます。

■夏 体を冷やし、余分な水分を出してくれる利尿作用の働きがあるトマト、きゅうり、ナス、とうがんで涼をとり、夏を元気に乗り切ります。

■秋 北風で痛めがちなノドを潤し肺をあたためる働きのある、ぎんなん、梨、秋大根、れんこんで体調をととのえます。

■冬 体を温める効果のある山芋、人参などの根菜類、肉を少し多めに食べて寒さに負けないようにエネルギーを蓄えます。