本文へスキップ

国際薬膳食育師の資格を取る

薬膳とは?/国際薬膳食育師

国際薬膳食育師

国際薬膳食育師の資格を取るHEADLINE

薬膳とは?

薬膳とは、東洋医学の知恵を活かし、副作用があるものは薬、副作用がないものは食べ物と考え、その人の体質に合わせて作る健康料理です。
味噌汁から煮物、デザートまで組み合わせて作ることができるいわばおいしい元気定食です。


■薬膳の元気スパイラル「気・血・水」

薬膳では健康の目安を
● 気(カラダを動かす生命エネルギー)
● 血(血液の循環)
● 水(水分バランス、 代謝がよい状態)
で表します。

身体の機能に働きかけて体調を改善する薬膳は、中国に生まれ、3千年間漢方の知恵を取り入れながら発展してきました。

その薬膳に美味しさと作りやすさをプラスして、日本人の体質に合うように、栄養価の高い和漢膳(薬膳)食材をプラスすることで早くバランスの崩れが整うのが魅力です。

日本人に合った新薬膳の誕生、それが「和漢膳」です。